コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川継友 とくがわ つぐとも

2件 の用語解説(徳川継友の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳川継友

江戸中期の大名。尾張名古屋藩徳川家六代当主。三代綱誠の子。初名は通顕、のち七代将軍家継の一字を賜り継友と改める。従三位権中納言に至る。物価の高騰や名古屋大火など度重なる災害を克服し、財政を再建、名古屋の発展にともなう周辺開発や行政機構の刷新を手掛けた。享保15年(1730)歿、38才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川継友 とくがわ-つぐとも

1692-1731* 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)5年2月8日生まれ。徳川綱誠(つななり)の11男。甥(おい)徳川五郎太の早世で家督をつぎ,正徳(しょうとく)3年尾張(おわり)名古屋藩主徳川家6代となる。麻疹で享保(きょうほう)15年11月27日急逝した。39歳。初名は通顕(みちあき)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳川継友の関連キーワード井伊直幸大村純保織田信就其音木下俊在再賀酒井忠武新庄直祐堀直恒分部光忠

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone