徳川綱誠(読み)とくがわ つななり

美術人名辞典の解説

徳川綱誠

江戸前期の大名。尾張徳川家第三代当主。二代光友の長子幼名五郎太、字は子明。将軍家綱より諱一字を賜り綱義を称するが、新将軍綱吉との同訓を避けて綱誠に改める。権中納言従三位に至る。祖父義直の『敬公御徳義』を撰述、『尾張風土記』の編纂に着手した。また家士に先祖書を作成提出させた。元禄12年(1699)歿、48才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川綱誠 とくがわ-つななり

1652-1699 江戸時代前期の大名。
慶安5年8月2日生まれ。徳川光友(みつとも)の長男。元禄(げんろく)6年尾張(おわり)名古屋藩主徳川家3代となる。元禄12年6月5日死去。48歳。初名は綱義(つなよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳川綱誠 (とくがわつなまさ)

生年月日:1652年8月2日
江戸時代前期;中期の大名
1699年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android