コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永徳寿 とくなが とくじゅ

1件 の用語解説(徳永徳寿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永徳寿 とくなが-とくじゅ

1855-1936 明治-昭和時代前期の地歌・箏曲(そうきょく)家。
安政2年1月10日生まれ。幼時に失明し,岩島勾当(こうとう)に入門,さらに4代津山検校(けんぎょう)に師事。維新後,盲官制度廃止のため生活が不安定となり,里朝の名で寄席に出演。明治22年東京の高座で俗曲「縁かいな節」をうたい,曲弾きをして評判となった。昭和11年7月15日死去。82歳。大坂出身。本名は中井徳太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳永徳寿の関連キーワード阿蘇惟孝井伊直方到津公煕植場平木内半古木下俊哲佐村益雄立野徳治郎頼母木駒子原口徠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone