コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永徳寿 とくなが とくじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳永徳寿 とくなが-とくじゅ

1855-1936 明治-昭和時代前期の地歌・箏曲(そうきょく)家。
安政2年1月10日生まれ。幼時に失明し,岩島勾当(こうとう)に入門,さらに4代津山検校(けんぎょう)に師事。維新後,盲官制度廃止のため生活が不安定となり,里朝の名で寄席に出演。明治22年東京の高座で俗曲縁かいな節」をうたい,曲弾きをして評判となった。昭和11年7月15日死去。82歳。大坂出身。本名は中井徳太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳永徳寿の関連キーワード津山検校(4世)西山徳茂都箏曲地歌