コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳田孫四郎 とくだ まごしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳田孫四郎 とくだ-まごしろう

1752-1802 江戸時代後期の治水家。
宝暦2年生まれ。丹波母坪(ほつぼ)村(兵庫県柏原町)の庄屋。寛政4年佐治川の水害防止のため排水路工事に着手。新川開削,山麓岩山をほって暗渠(あんきょ)をもうけるという難工事を2年がかりで完成させた。享和2年4月20日死去。51歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳田孫四郎の関連キーワード滑稽本ナッシュ東南アジア史(年表)コンバウン朝タウングー朝談義本ナッシュアラウンパヤータウングー朝賀茂真淵(かもまぶち)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android