コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心の月 ココロノツキ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐の‐つき【心の月】

《「心月」を訓読みにした語》悟りが開けた境地を月にたとえていう語。清く明らかで迷いのない心。
「いかでわれ―をあらはして闇に惑へる人を照らさむ」〈詞花・雑下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころのつき【心の月】

〔「心月」の訓読み〕
心中の悟り、真如を月にたとえていう語。悟り。仏性。 「いかでわれ清くくもらぬ身になりて-の影をみがかむ/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心の月の関連キーワード月を指せば指を認む闇に惑う月照百合山家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android