コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心を置く ココロヲオク

デジタル大辞泉の解説

心(こころ)を置・く

気を遣う。遠慮する。「―・くことなくお話しください」
打ち解けないで、心に隔てを置く。
「―・かれ、うるさき者に思はれてぞありけるほどに」〈今昔・二五・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころをおく【心を置く】

心配・未練などの気持ちが残る。 「幼子に-・いて出かける」
うちとけない。遠慮する。 「我に心置き、ひきつくろへるさまに見ゆるこそ/徒然 37
用心する。警戒する。 「後の巡査に聞えやせんと、-・きて振返れる/夜行巡査 鏡花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心を置くの関連キーワードアシュリー(Sir William James Ashley)ウィリアム・ジェームス アシュリー木にも草にも心を置く北西太平洋海膨旭川[市]ボンヌ図法労働社会学木・樹・柝福音主義飛鳥時代夜行巡査徒然草回想録若林奮集団論心置き草木隔て置く祭司

心を置くの関連情報