コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心内膜床欠損(症) しんないまくしょうけっそんしょうEndocardial Cushion Defect(ECD)

1件 の用語解説(心内膜床欠損(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんないまくしょうけっそんしょう【心内膜床欠損(症) Endocardial Cushion Defect(ECD)】

[どんな病気か]
 心房(しんぼう)と心室(しんしつ)の間にある房室中隔の心房側だけが欠損している状態で、血液の流れ方は、心房中隔欠損と同じで(図「心房中隔欠損症」)、肺血流量が増加します。
 僧帽弁(そうぼうべん)に裂隙(れつげき)という異常をともなうため、僧帽弁の部分で逆流がおこり、病態を複雑にすることがあります。
 僧帽弁閉鎖不全の程度によりますが、幼児期に治療することが多いようです。
 なお共通房室弁口(きょうつうぼうしつべんこう)(「共通房室弁口」)を完全型心内膜床欠損、心内膜床欠損を不完全型心内膜床欠損と呼ぶこともあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone