共通房室弁口(読み)きょうつうぼうしつべんこう(英語表記)Common Atrio-ventricular Canal(CAVC)

家庭医学館の解説

きょうつうぼうしつべんこう【共通房室弁口 Common Atrio-ventricular Canal(CAVC)】

[どんな病気か]
 房室弁三尖弁(さんせんべん)と僧帽弁(そうぼうべん))と房室中隔(図「中隔、弁膜の位置と名称」)のすべてが欠損しています。
 房室弁は2個ではなく、大きな弁1個となっています。肺血流量増加がおこります。心房と心室の両方で短絡(たんらく)がおこりますし、房室弁の逆流をともなうこともあります。
 肺動脈狭窄(きょうさく)などのほかの心臓の形態異常をともない、肺血流量減少群のような血液の流れとなって、チアノーゼが現われることもあります。
[治療]
 1歳未満で外科的治療(先天性心疾患とはの「外科的治療」)を行なうことが多いのですが、6か月未満でも行なうこともあります。
 房室弁の形態によっては、肺動脈絞扼(こうやく)術(先天性心疾患とはの「外科的治療」の肺動脈絞扼術)を行なうことがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android