コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心房中隔欠損症 しんぼうちゅうかくけっそんしょう atrial septal defect

4件 の用語解説(心房中隔欠損症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心房中隔欠損症
しんぼうちゅうかくけっそんしょう
atrial septal defect

心房中隔の形成異常で,心室中隔欠損症と同様,きわめて頻度の高い先天性心疾患。乳児期に症状を呈することは少いが,成長とともに血流の短絡が増加すると,しばしば発育障害の原因となる。幼小児期では上気道感染を起しやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

心房中隔欠損症

心臓の左右の心房の間にある壁に穴がある、生まれつきの病気。全身に送られるはずの左心房の血液の一部が右心房に流れ込み、右心室を経て再び肺に入る。常に肺に負担がかかり、20代、30代と年齢を重ねるうちに息切れや倦怠(けんたい)感などの症状が出る。外科治療とカテーテル治療がある。

(2012-07-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんぼうちゅうかくけっそん‐しょう〔シンバウチユウカクケツソンシヤウ〕【心房中隔欠損症】

心臓の右心房左心房の間にある心房中隔に穴が開いている病気。乳幼児期に自然に閉じることが多いが、穴が大きく肺や心臓への負担が大きい場合は手術が必要となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

心房中隔欠損症【しんぼうちゅうかくけっそんしょう】

右心房と左心房の間にある心房中隔に欠損口があるもの。先天性心臓病のなかでは,一番頻度(ひんど)が高い。左心房から右心房へ酸素化された血液が直接流れ込み,それだけ肺血流量が増加するため動悸,息切れなどが起こる。
→関連項目心臓外科

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

心房中隔欠損症の関連キーワード心耳心房僧帽弁右心房心門房室横腹心房頻拍心臓のスターリング法則心臓の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心房中隔欠損症の関連情報