コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心房中隔欠損症 しんぼうちゅうかくけっそんしょうatrial septal defect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心房中隔欠損症
しんぼうちゅうかくけっそんしょう
atrial septal defect

心房中隔の形成異常で,心室中隔欠損症と同様,きわめて頻度の高い先天性心疾患乳児期症状を呈することは少いが,成長とともに血流の短絡が増加すると,しばしば発育障害の原因となる。幼小児期では上気道感染を起しやすい。運動時呼吸困難,心悸亢進も認められるようになる。成人ではうっ血性心不全発作性頻脈心房細動などの不整脈肺高血圧を合併することがあり,平均寿命は 40歳代といわれている。欠損部を閉鎖する手術はきわめて安全なので,症状のある年長者の治療に行われるほか,就学期前後の小児に予防的に行われることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

心房中隔欠損症

心臓の左右の心房の間にある壁に穴がある、生まれつきの病気。全身に送られるはずの左心房の血液の一部が右心房に流れ込み、右心室を経て再びに入る。常に肺に負担がかかり、20代、30代と年齢を重ねるうちに息切れ倦怠(けんたい)感などの症状が出る。外科治療とカテーテル治療がある。

(2012-07-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんぼうちゅうかくけっそん‐しょう〔シンバウチユウカクケツソンシヤウ〕【心房中隔欠損症】

心臓の右心房左心房の間にある心房中隔に穴が開いている病気。乳幼児期に自然に閉じることが多いが、穴が大きく肺や心臓への負担が大きい場合は手術が必要となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

心房中隔欠損症【しんぼうちゅうかくけっそんしょう】

右心房と左心房の間にある心房中隔に欠損口があるもの。先天性心臓病のなかでは,一番頻度(ひんど)が高い。左心房から右心房へ酸素化された血液が直接流れ込み,それだけ肺血流量が増加するため動悸,息切れなどが起こる。欠損口は自然に閉じることはないが,手術による治療は比較的容易な例が多い。
→関連項目心臓外科

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心房中隔欠損症の関連情報