コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心臓刺激伝導系 しんぞうしげきでんどうけい

1件 の用語解説(心臓刺激伝導系の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

心臓刺激伝導系【しんぞうしげきでんどうけい】

単に刺激伝導系ともいう。心臓の収縮を自律的に規正し,心房と心室間の興奮伝導にあたる特殊な筋束。右心房の上大静脈開口部付近の洞房結節キース=フラック結節),冠状洞開口部近くの房室結節田原結節)とがあり,後者からは房室束(ヒス束)が出て,心室中隔内を左脚,右脚に分かれ,さらに多くの枝(プルキニエ繊維)に分かれて,各心室の乳頭筋に達する。
→関連項目田原淳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

心臓刺激伝導系の関連キーワード刺激伝導系心臓麻痺田原淳等尺性収縮房室結節刺激伝達心臓のスターリング法則心臓の法則期外収縮 (premature beat, premature contraction)洞性不整脈 (sinus arrhythmia)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone