コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心臓刺激伝導系 しんぞうしげきでんどうけい

百科事典マイペディアの解説

心臓刺激伝導系【しんぞうしげきでんどうけい】

単に刺激伝導系ともいう。心臓の収縮を自律的に規正し,心房と心室間の興奮伝導にあたる特殊な筋束。右心房の上大静脈開口部付近の洞房結節(キース=フラック結節),冠状洞開口部近くの房室結節(田原結節)とがあり,後者からは房室束(ヒス束)が出て,心室中隔内を左脚,右脚に分かれ,さらに多くの枝(プルキニエ繊維)に分かれて,各心室の乳頭筋に達する。
→関連項目田原淳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

心臓刺激伝導系の関連キーワード田原 淳心臓麻痺心筋

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android