コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心臓喘息 しんぞうぜんそく cardiac asthma

1件 の用語解説(心臓喘息の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心臓喘息
しんぞうぜんそく
cardiac asthma

急性左心不全の結果生じた気道収縮の状態であり,夜間睡眠中に突発的に呼吸困難が起り,喘鳴,発汗,虚脱をみる。高血圧性心疾患,冠疾患,大動脈弁膜症を基礎にして左心不全を起すことが多い。気管支喘息とは別個の疾患である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心臓喘息の関連キーワード開閉器掛合せ心臓再同期療法セメントペースト鬱血性心不全うっ血性心不全収縮の法則配当準備金急性心不全左心不全

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone