コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心越興儔 しんえつ こうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

心越興儔 しんえつ-こうちゅう

1639-1695 明(みん)(中国)の僧。
崇禎(すうてい)12年8月21日生まれ。曹洞(そうとう)宗。明がほろびたあと,延宝5年(1677)長崎興福寺の明僧澄一道亮(ちんい-どうりょう)にまねかれて来日。のち徳川光圀(みつくに)にむかえられて水戸天徳寺(のちの祇園(ぎおん)寺)の開山(かいさん)となる。詩文,書画,七弦琴にすぐれた。元禄(げんろく)8年9月30日死去。57歳。杭州(浙江(せっこう)省)出身。俗姓は蒋。法名ははじめ兆隠。号は東皐。著作に「東皐集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

心越興儔

没年:元禄8.9.30(1695.11.6)
生年:崇禎12.8.21(1639.9.18)
江戸前期に来朝した中国の禅僧。杭州金華府(浙江省)の人。8歳で仏門に投じ,覚浪道盛などに参じたのち,曹洞宗の翠微濶堂に師事して法を嗣ぐ。延宝5(1677)年に長崎興福寺の明僧,澄一道亮の招きに応じて来日,同寺に住した。一時黄檗僧の告げ口で幽閉されたが,徳川光圀に難を救われ,水戸に至り,天徳寺(のち祇園寺と改名)を開山しそこに住す。曹洞宗寿昌派の祖で,詩文・書・篆刻・琴などに長じ,心越は号,東皐は別号であるが,刊本の『東皐心越禅師語録』が示す通り,東皐心越とも称される。<著作>『東皐全集』<参考文献>嶺南秀恕編『日本洞上聯灯録

(志部憲一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の心越興儔の言及

【曹洞宗】より

…次に,真歇清了と兄弟弟子の宏智正覚(わんししようがく)の法系の東明恵日(えにち)(1272‐1340)や東陵永璵(えいよ)によって伝えられた,宏智派と通称される曹洞宗の一派があり,円覚寺や建仁寺を中心に五山文学界に重きをなし,また越前朝倉氏の外護を得て隆盛を誇ったが,朝倉氏の滅亡によりその法灯も絶えた。最後に,丹霞子淳と同門の鹿門自覚の系統で,1677年(延宝5)に日本に来朝した心越興儔(しんえつこうちゆう)(1639‐96)によって伝えられた曹洞宗の一派があり,徳川光圀の帰依を得て水戸祇園寺を中心に教線を展開し,曹洞宗寿昌派と称されたが,その法灯も数代にして絶え,祇園寺も道元派下の曹洞宗に編入された。【石川 力山】。…

※「心越興儔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

心越興儔の関連キーワード鎖国モレホン松花堂昭乗モレホン会津騒動マドラス鎖国松花堂昭乗モンフルーリ会津騒動