コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心頭滅却すれば火もまた涼し しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし

大辞林 第三版の解説

しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし【心頭滅却すれば火もまた涼し】

無念無想の境地にあれば、どんな苦痛も苦痛と感じない。 〔杜荀鶴「夏日題悟空上人院」より。禅家の公案とされ、1582年甲斐かい国の恵林寺が織田信長に焼き打ちされた際、住僧快川かいせんがこの偈を発して焼死したという話が伝えられる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心頭滅却すれば火もまた涼しの関連キーワード恵林寺杜荀鶴

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心頭滅却すれば火もまた涼しの関連情報