心頭滅却すれば火もまた涼し(読み)しんとうめっきゃくすればひもまたすずし

ことわざを知る辞典の解説

心頭滅却すれば火もまた涼し

無念無想の境地にいたれば、火さえも涼しく感じられる。どのような困難、苦難も、それを超越した境地にはいれば、何でもないことだ。心頭却すれば火もまた水。

[使用例] 御承知でもござろうが、甲斐のりんは、武田信玄以来のめいさつで、昔、織田信長があの寺を攻めて焼撃を試みた時、寺のあるじかいせんこくは楼門の上に登り、火に包まれながら、心頭を滅却すれば火も自ら涼しといって、しょうようとして死に就いた豪い出家である[中里介山*大菩薩峠|1913~41]

[解説] 天正一〇年(1582)四月、織田信長軍勢によって、甲斐(山梨県)恵林寺僧侶は残らず山門に追い上げられ火をかけられました。その時、この寺の快川禅師は法衣を着、扇子を持って端座し、このを発し焼死したといわれます。なお、「甲乱記」では、快川と問答をした高川和尚の発言とされています。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android