心頭(読み)しんとう

精選版 日本国語大辞典「心頭」の解説

しん‐とう【心頭】

〘名〙 胸のあたり。こころ念頭心中
※正法眼蔵(1231‐53)見仏「過去は頭なり、現在は拳頭なり、未来は脳後なり」
※合巻・雷太郎強悪物語(1806)前「元よりたんきの雷太郎、いかりしんとうにおこりて」 〔李山甫‐山中寄梁判官

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「心頭」の解説

【心頭】しんとう

こころ。念頭。・李山甫〔山中、梁判官に寄す〕詩 塵事の心頭にる無し (ま)た詩の象外より來(きた)る

字通「心」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android