恵林寺(読み)えりんじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「恵林寺」の解説

恵林寺
えりんじ

山梨県甲州市塩山(えんざん)小屋敷(おやしき)にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。乾徳山(けんとくざん)と号し、1330年(元徳2)甲斐(かい)牧ノ荘(しょう)の領主二階堂貞藤(さだふじ)が自邸を禅院に改め、夢窓疎石(むそうそせき)を招いて開山としたのに始まる。1582年(天正10)この寺が織田信長軍によって焼打ちを受けたとき、武田信玄(しんげん)に招かれて住持をしていた快川紹喜(かいせんしょうき)は、100余人の僧侶(そうりょ)とともに炎に包まれた三門楼上で「安禅不必須山水(あんぜんかならずしもさんすいをもちいず)、心頭火自涼(しんとうをめっきゃくすればひもおのずからすずし)」と唱え、焚死(ふんし)した。そのとき四脚門を残して大部分の堂宇を失ったが、のち徳川家康により再興され、領主柳沢吉保(よしやす)にも保護を受けて復興した。1905年(明治38)ふたたび火災にあって焼失、現在の伽藍(がらん)は1913年(大正2)に再建したもの。境内には両袖(りょうそで)桜、横月梅、恵山水などの恵林十勝や、夢窓疎石作と伝える庭園(国指定名勝)がある。また四脚門(国指定重要文化財)、機山会(柳沢吉保)廟所(びょうしょ)、武田不動尊などのほか、重要文化財の太刀(たち)、短刀など寺宝も多い。

[菅沼 晃]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「恵林寺」の解説

恵林寺【えりんじ】

山梨県塩山(えんざん)市(現・甲州市)にある臨済宗妙心寺派の寺。1330年二階堂定藤(さだふじ)が,夢窓疎石(むそうそせき)を開山に招いて創建。甲斐(かい)国の臨済宗の中心寺。武田信玄(たけだしんげん)に招かれて入寺した快川紹喜(かいせんじょうき)は,1582年織田信長(おだのぶなが)に抗して堂塔とともに焚殺されたが,〈心頭滅却すれば火も自ずから涼し〉と唱えたと伝える。徳川家康が再興。庭園は疎石の作と伝える名園。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「恵林寺」の解説

恵林寺(えりんじ)

山梨県甲州市にある寺院。臨済宗妙心寺派。山号は乾徳(けんとく)山。1330年、夢窓疎石による開創と伝わる。甲斐武田氏の菩提寺として知られる。本堂本尊は釈迦如来。四脚門(通称赤門」)は国の重要文化財、庭園は国の名勝に指定。明王殿の不動明王像は武田信玄が生前対面で彫刻させたものと伝えられ、「武田不動尊」と呼ばれる(県指定文化財)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「恵林寺」の解説

えりん‐じ〔ヱリン‐〕【恵林寺】

山梨県甲州市にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は乾徳けんとく山。開創は元徳2年(1330)、開山は夢窓疎石むそうそせき開基二階堂道蘊武田信玄柳沢吉保がある。天正10年(1582)織田信長勢の焼き打ちにあったとき、住職快川紹喜かいせんじょうきが「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の言葉を残し、火中に死んだことで有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「恵林寺」の解説

えりん‐じ ヱリン‥【恵林寺】

山梨県塩山市小屋敷にある臨済宗妙心寺派の寺。山号乾徳(けんとく)山。元徳二年(一三三〇)二階堂道蘊(どううん)創立、夢窓疎石の開山。武田信玄の菩提所。天正一〇年(一五八二)織田信長のが火を放ち、快川(かいせん)紹喜以下一〇〇余人が三門楼上で焼死した。のち徳川家康が復興。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「恵林寺」の解説

えりんじ【恵林寺】

山梨県塩山市にある臨済宗の寺。山号は乾徳山。1330年(元徳2)甲斐牧ノ庄の領主二階堂貞藤が,夢窓疎石を開山に招いて創建した。夢窓は隠遁を好む傾向があり,当地に隠棲したのである。夢窓は恵林寺在住2年にして鎌倉へ帰るが,後住者には古先(こせん)印元,竜湫(りゆうしゆう)周沢絶海中津等多くの名僧が歴住したため,甲斐の中心的臨済宗寺院に発展した。室町時代には,五山十刹に次ぐ諸山の寺格を与えられていた。しかし1520年代に荒廃し,のち妙心寺派の明叔(みようしゆく)慶浚によって復興され,臨済宗妙心寺派寺院となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の恵林寺の言及

【甲斐国】より

…中世の甲斐は文化の面でも鎌倉と関係が深く,著名な禅僧が入国したり,日蓮が身延山を開いたりした。臨済宗は13世紀の後半,二度にわたって甲斐に流された鎌倉建長寺開山宋僧蘭渓道隆(らんけいどうりゆう)によって基礎が築かれたが,1330年(元徳2)夢窓疎石が笛吹川上流牧荘に恵林寺(塩山市)を,その半世紀後抜隊得勝(ばつすいとくしよう)が塩山のふもとに向嶽寺(同)を建て,ますます繁栄におもむいた。また日蓮は,1274年(文永11)甲斐源氏の一族波木井実長の招きを受けて身延の地に久遠寺(くおんじ)を建てた。…

※「恵林寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android