コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

必要的弁護 ヒツヨウテキベンゴ

大辞林 第三版の解説

ひつようてきべんご【必要的弁護】

刑事事件で、被告人の意思に関係なく裁判所が職権によって弁護人を選任し、その弁護にあたらせること。死刑または無期もしくは三年を超える懲役もしくは禁錮に当たる事件については、弁護人がなければ公判は開けない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

必要的弁護の関連キーワード即決裁判手続国選弁護人強制弁護刑事事件弁護人被告人強制弁護無期職権禁錮

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android