コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍坂女王 おさかのじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍坂女王 おさかのじょおう

?-? 奈良時代の女王。
神護景雲(じんごけいうん)3年(769)県犬養姉女(あがたのいぬかいの-あねめ)らと不破内親王のたくらみにくわわり,塩焼王の子志計志麻呂(しけしまろ)を皇位につけようとして称徳天皇を厭魅(えんみ)(まじないの法をもちいてのろう)したため流された。宝亀(ほうき)2年冤罪(えんざい)と判明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忍坂女王の関連キーワード氷上志計志麻呂神護景雲

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android