コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不破内親王 ふわないしんのう

5件 の用語解説(不破内親王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不破内親王
ふわないしんのう

聖武天皇の皇女。母は県犬養広刀自天武天皇の皇子新田部親王の子塩焼王 (→氷上塩焼 ) の室となり,2子を産んだ。天平宝字8 (764) 年恵美押勝の反乱 (→藤原仲麻呂の乱 ) に際し,押勝は塩焼王を立てて帝としたため王は誅せられ,不破内親王も座して属籍を削られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

不破内親王 ふわないしんのう

?-? 奈良時代,聖武(しょうむ)天皇の皇女。
母は県犬養広刀自(あがたのいぬかいの-ひろとじ)。塩焼王の妃。神護景雲(じんごけいうん)3年(769)子の氷上志計志麻呂(ひかみの-しけしまろ)を皇位につけるため称徳天皇を呪詛(じゅそ)し,京外に追放される。のち無実としてゆるされたが,天応2年子の氷上川継(かわつぐ)の謀反に連座して淡路(あわじ)島に流され,延暦(えんりゃく)14年和泉(いずみ)(大阪府)にうつされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

不破内親王

生年:生没年不詳
8世紀の皇女。聖武天皇と夫人県犬養宿禰広刀自の娘。井上内親王,安積親王の妹。天平2(730)年ごろの生まれか。塩焼王の妃となり志計志麻呂,川継(同一人物か),陽胡を生む。結婚の年は不明だが,塩焼王が伊豆の流刑地から帰京したのちの天平末年(746~48)ごろと考えると,関連する人々の年齢に無理がない。いずれにせよ塩焼王とはかなりの年齢差があり,この結婚は不破内親王の意思とは別の力で決められたものであろう。天平宝字7(763)年に無品から四品になったのは,夫塩焼王が藤原仲麻呂と手を結んだことによるものか。翌8年,夫は仲麻呂の乱に座して斬られたが,不破は聖武皇女であったため内親王の号を削られるにとどまり,皇子も母故に連座を免れた。しかし5年後の称徳天皇厭魅事件では厨真人厨女と名を変えられ,封40戸田10町を与えられて京外追放となり,息子は土佐国へ流された。のち誣告と判明,内親王に復籍した。その後二品まで上ったが,延暦1(782)年息子川継のクーデタ未遂に連座し,川継の姉妹(氷上真人陽胡か)と淡路国に流された。同14年和泉国に移されたが,その地で没したものか,同24年に川継の罪が許されたときには名がみえない。

(児島恭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふわないしんのう【不破内親王】

聖武天皇の皇女。生没年不詳。母は夫人県犬養広刀自。井上内親王,安積親王の同母妹。塩焼王(氷上塩焼)の妻となり,氷上志計志麻呂・川継らを産むが,764年(天平宝字8)の恵美押勝の乱で夫は処刑される。淳仁朝に親王名を削られていたが,769年(神護景雲3)重ねて不敬をなしたとの理由で,厨真人厨女と名づけられて京外へ追放された。これは異母姉の称徳天皇の頭髪をぬすみ,佐保川のほとりに落ちていたどくろに入れて,県犬養姉女に天皇を呪詛させ,息子の志計志麻呂を皇位につけようとしたとする罪によるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不破内親王
ふわないしんのう

生没年不詳。奈良時代の女性。聖武(しょうむ)天皇皇女。母は県犬養広刀自(あがたいぬかいのひろとじ)。同母兄弟に安積(あさか)親王、井上(いのえ)内親王がいる。新田部(にいたべ)親王王子で道祖(ふなど)王の兄塩焼(しおやき)王と結婚し、氷上志計志麻呂(ひかみのしけしまろ)、同川継(かわつぐ)を生んだ。769年(神護景雲3)、志計志麻呂を天皇にするため称徳(しょうとく)天皇を呪詛(じゅそ)したとして都から追放されたが、のち許されて二品(にほん)を授けられた。しかし782年(延暦1)にふたたび川継の謀反事件によって淡路国(兵庫県淡路島)に流され、のち和泉(いずみ)国(大阪府)に移された。[福井俊彦]
『林陸朗著『奈良朝後期宮廷の暗雲』(『上代政治社会の研究』所収・1969・吉川弘文館) ▽中川収著『奈良朝政争史』(1977・教育社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不破内親王の言及

【氷上志計志麻呂】より

…生没年不詳。氷上塩焼(しおやき)の子で,母は聖武天皇の娘不破内親王。764年(天平宝字8)父塩焼は恵美押勝(藤原仲麻呂)とともに謀反をおこして誅殺されたが,志計志麻呂は母不破内親王によって連座しなかった。…

※「不破内親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不破内親王の関連キーワード県犬養橘三千代長屋王の変県犬養大伴県犬養広刀自安積親王井上内親王石姫皇女小石姫皇女新田部皇女日影皇女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone