コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍岡常丸 しのぶがおか つねまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍岡常丸 しのぶがおか-つねまる

?-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
江戸下谷(したや)上野町呉服商十返舎一九(じっぺんしゃ-いっく)としたしく,天明-文政(1781-1830)のころ黄表紙を発表。狂歌もよくした。一九が考案した模様を浴衣(ゆかた)にそめて,毎年発売したという。姓は藤本。通称は甚兵衛。屋号は常陸(ひたち)屋。著作に「夜が昼星の世界」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

忍岡常丸の関連キーワード戯作

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android