コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍海 にんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍海 にんかい

1696-1761 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)9年生まれ。浄土宗。江戸増上寺の鉄船に師事し,のち敬首(きょうじゅ)にまなぶ。増上寺の宝松院9世。和歌,絵画にすぐれ,関通(かんつう)発願(ほつがん)の「和字選択(せんちゃく)集」に挿絵をえがいた。宝暦11年6月17日死去。66歳。江戸出身。字(あざな)は海雲。号は宝蓮社曇誉。画号は無礙子,白華

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忍海の関連キーワード川島皇子(かわしまのおうじ)億計天皇・弘計天皇葛城(奈良盆地)伊与来目部小楯前川 佐美雄忍海色夫古娘上毛野氏永飯豊青皇女葛城(市)朝野鹿取朝野魚養仁賢天皇縮見屯倉大江皇女川島皇子泉内親王大和国複姓新庄栗栖

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍海の関連情報