コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志戸平[温泉] しどだいら

世界大百科事典 第2版の解説

しどだいら【志戸平[温泉]】

岩手県中部,花巻市湯口にある温泉。東北本線花巻駅の西方約15km,同駅よりバスの便がある。北上川の支流豊沢川の清流に臨み,秋には松倉山の紅葉が美しい。蝦夷征討の際に坂上田村麻呂が矢傷をいやしたという伝説がある。現在は花巻温泉郷の一つとして,温泉プール,千人風呂,遊園地などを備えた家族行楽客向けの温泉となっている。単純泉で,泉温は50~81℃。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android