コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志斐三田次 しひの みたすき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志斐三田次 しひの-みたすき

?-? 奈良時代の暦算家。
養老5年(721)学問にすぐれた人物として表彰される。天平(てんぴょう)2年(730)暦算の衰退をふせぐため,弟子をつけられた。氏は悉ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

志斐三田次の関連キーワード奈良時代私部石村

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android