志村三休(読み)しむら さんきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志村三休 しむら-さんきゅう

1701-1757 江戸時代中期の茶人。
元禄(げんろく)14年生まれ。旗本で,西丸広間方組頭格をつとめた。中井祐甫について三斎流をまなぶ。宝暦7年3月3日死去。57歳。別号に無事庵宗一,不遠斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android