コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応照 おうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

応照 おうしょう

?-? 平安時代中期の僧。
紀伊(きい)熊野那智山(和歌山県)の修行者。焼身入定を発願し,松葉のみを食して準備。紙衣をつけ,手に香炉をもって薪上に結跏趺坐(けっかふざ)し,法華経を読誦して焼身した。日本初の焼身入定者とつたえられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

応照の関連キーワード熊野大社

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android