コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定者 ジョウジャ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じゃ〔ヂヤウ‐〕【定者】

大法会(だいほうえ)の行道(ぎょうどう)のとき、香炉を持って前を行く役僧。じょうざ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうじゃ【定者】

〘仏〙 大法会の行道ぎようどうの時、香炉を持って先頭を行く僧。じょうざ。ぞうざ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

定者の関連キーワードメリット・プロモーション・プログラム国旗の日〈アルゼンチン〉農業分野での女性の活躍日本維新の会の擁立状況コーポラティブハウス大卒予定者の採用活動公職選挙法とポスター裁判員法101条民主党の擁立状況パノフスキーの比王位継承排除法案プライスメーカー水俣病認定審査会コスタリカ方式フィールド理論開眼片足立ちヘルパー不足内定者懇親会アペイロン臭気判定士

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定者の関連情報