コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ひ扱ふ オモイアツカウ

2件 の用語解説(思ひ扱ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おもい‐あつか・う〔おもひあつかふ〕【思ひ扱ふ】

[動ハ四]
心を尽くして世話をする。
「ねんごろに―・ひ聞こえまほしき心の」〈浜松・四〉
思い悩む。思い煩う。
「三解脱門風涼しきに、―・ふ煩悩の焔(ほのほ)皆滅除すらむ」〈栄花・玉の台〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいあつかう【思ひ扱ふ】

( 動四 )
心をくばって世話する。 「いとしのびて隠ろへて-・ふを、あはれにうれしと思して/寝覚 2
心を痛める。思い悩む。 「 - ・ふ煩悩の焰皆滅除すらむと覚ゆ/栄花 玉の台

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone