コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ひ扱ふ オモイアツカウ

デジタル大辞泉の解説

おもい‐あつか・う〔おもひあつかふ〕【思ひ扱ふ】

[動ハ四]
心を尽くして世話をする。
「ねんごろに―・ひ聞こえまほしき心の」〈浜松・四〉
思い悩む。思い煩う。
「三解脱門風涼しきに、―・ふ煩悩の焔(ほのほ)皆滅除すらむ」〈栄花・玉の台〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいあつかう【思ひ扱ふ】

( 動四 )
心をくばって世話する。 「いとしのびて隠ろへて-・ふを、あはれにうれしと思して/寝覚 2
心を痛める。思い悩む。 「 - ・ふ煩悩の焰皆滅除すらむと覚ゆ/栄花 玉の台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android