思案橋の変(読み)しあんばしのへん

百科事典マイペディアの解説

思案橋の変【しあんばしのへん】

未然に発覚した明治の反政府反。1876年,旧会津藩士永岡久茂(ひさしげ)らが萩の乱に呼応して,千葉県庁を襲撃して官金を強奪することを計画,日本橋に近い小網(こあみ)町思案橋から出航しようとしたが,発覚し逮捕された。永岡は翌年鍛冶橋(かじばし)監獄で没した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の思案橋の変の言及

【永岡久茂】より

…幕末・維新期の志士。会津藩士で思案橋の変の中心人物。字は子明,通称は敬二郎,号は磐湖。…

※「思案橋の変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android