コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官金 カンキン

デジタル大辞泉の解説

かん‐きん〔クワン‐〕【官金】

政府の所有する金銭。公金。
江戸時代、盲人が検校(けんぎょう)などの官位を手に入れるために幕府に納めた金。また、盲人が高利で貸し付けた金。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんきん【官金】

政府の所有する金。公金。
江戸時代、盲人が検校・勾当などの官位を得るために幕府に納めた金銭。また、盲人が高利で貸し付けた金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

官金の関連キーワード小野善助(初代)在日米軍駐留経費島田八郎左衛門第一銀行[株]三野村利左衛門三谷三九郎事件中上川彦次郎江戸っ子1号三野村利助三谷三九郎山城屋事件制度取調局思案橋の変三方一両損私恩を売る朝鮮戦争丹波兼康越前和紙三井高喜江戸時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官金の関連情報