コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怨望 エンボウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぼう〔ヱンバウ〕【怨望】

[名](スル)うらみに思うこと。
「其交際に害あるものは―より大なるはなし」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんぼう【怨望】

( 名 ) スル
恨みを抱くこと。恨み。 「之に洩れて-する者なきを得ず/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

怨望の関連キーワード福翁百話十訓抄情実苛虐隠伏衆悪疑猜恨み

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android