コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怨霊事 おんりょうごと

2件 の用語解説(怨霊事の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おんりょうごと【怨霊事】

歌舞伎の演技および演出。怨霊となって現れ、恨みを述べて、所作事・軽業・早替わりなどを演ずる。元禄(1688~1704)期の女方の特技の一。怪談物もこの系統に属する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんりょうごと【怨霊事】

歌舞伎の演技・演出。元禄期(1688‐1704)にさかんに行われた。若女方の芸で,死霊や生霊が恨みをのべ相手を苦しめるもの。小唄や浄瑠璃を用い,舞踊化されることが多い。綱わたり,屛風わたり,宙返りなどの軽業を見せることもあり,猫や蛇,鶏などの動物がのりうつって狂う演出もある。〈浅間物〉や〈道成寺物〉をはじめ《鷺娘》などもこの系統から生まれたものである。【近藤 瑞男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone