コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪盗ルパン かいとうるぱん Arsène Lupin

1件 の用語解説(怪盗ルパンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

怪盗ルパン

フランスの小説家モーリスルブラン(1864~1941年)による推理・冒険小説シリーズ。紳士にして神出鬼没の大泥棒であるアルセーヌ・ルパンが、貴族や資産家から財宝を盗み出す一方で、虐げられた人々を助け、様々な難事件に立ち向かう様子を描く。05~39年まで50を超える作品が執筆され、日本を含む60カ国以上で翻訳されている。2011年、著者が晩年に手掛けた未発表作『ルパン 最後の恋』が発見され、12年5月にフランスで刊行、日本では同9月に早川書房から邦訳出版される予定となっている。

(2012-07-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

怪盗ルパンの関連キーワード赤い数珠赤い輪ジェリコ公爵虎の牙ノー・マンズ・ランド813八点鐘バール・イ・ヴァ荘真夜中から七時まで三つの眼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

怪盗ルパンの関連情報