紳士(読み)シンシ

世界大百科事典 第2版の解説

今日では身だしなみのよい上品な人を広くさすが,本来,搢()紳(しんしん)という中国語からきており,搢紳の士を略したもの。搢(縉)は,紳は帯を意味し,官位にある者の象徴であるを帯に挿していた官吏の代称であったが,近代日本ではジェントルマンgentleman訳語として,1879年ころから使われはじめ,やがて定着した。明治初年にはこの言葉はヨーロッパでも特定の身分層をさす概念から,粗野な振舞いのない穏やかで洗練されたマナーの,比較的上層の士を意味する概念になっていたが,日本でも,たとえ官尊民卑の風潮があるとはいえ,四民平等の時代に対応して,上流の官員と商人の双方を一括して呼ぶ適当な言葉として登場,とくに商人については〈紳商〉と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

上流社会の男性。 -貴顕
上品で教養があり礼儀正しい男。ジェントルマン。
成人男性の敬称。 -用靴下 英語 gentleman の訳語。米欧回覧実記(1877年)にある。本来は地方にいる官吏・退官した人の意

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

性質や品行が正しく、礼儀に厚く、学徳の高い貴人の称。「縉紳(しんしん)の士」の略で、「縉」は差し挟むこと、「紳」は衣冠束帯の大帯(おおおび)の意で、官位の高い身分ある人は、礼装の際に笏(しゃく)を大帯に差し挟んだところから、貴人の称となった。転じて、英語のジェントルマンgentlemanの訳語として、淑女(レディーlady)の対語となり、上流社会や地位、財産のある男性をいい、さらには、知性や教養が豊かで、礼節や信義をわきまえた男性一般の称となった。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「搢紳(しんしん)の士」の意)
① 上流社会の人。財産、地位のある人。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「当時倫敦の名卿紳士は多く此地にありて、避暑をなすもの多きを以て」
② 性行が正しくて礼儀に厚く学徳、気品を備えた人。ジェントルマン。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉「謂はゆる紳士とはかかる人をこそ云ふならめ」
③ 身だしなみの整った成人の男性。また、品物や場所などについて、「男性」のことを丁寧にいう語。「紳士靴」「紳士用トイレ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の紳士の言及

【郷紳】より

… 清代には,国家財政の補充のため,従来に比べて金銭で任官資格を購入する門戸が拡大されたため,任官資格取得者の数が増大し,彼らを含めて地方に定着する読書人の層はいっそう厚くなった。清末に入ると,郷紳と衿士とをあわせた紳士という呼称がしばしば用いられ,任官の有無や取得学位・資格のいかんにかかわらず,事実上の互選によって現実の地方政治への参画権をもつに至った一群の人々が〈某某県の紳士〉と呼ばれるようになった。20世紀初頭,光緒末年から中央の資政院,地方の諮議局などの議会が新設されると,地方の郷紳・紳士は議員となって進出し,辛亥革命に際しては,彼らが,清朝打倒を志向する広範な民衆のエネルギーを利用し,各地で立憲派としての政治活動を推進した。…

※「紳士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紳士の関連情報