コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪童 カイドウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐どう〔クワイ‐〕【怪童】

からだが図抜けて大きく、怪力のある子供。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどう【怪童】

体が大きく、怪力をもった男の子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

怪童の関連キーワード悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんはむふぁいたーず)梅ケ谷藤太郎(2代)ピーター アーツ尾崎行雄(2)大山 デブ子山吹 徳二郎クリシュナ四季の山姥木谷 美春尾崎行雄木谷 実坂田公時山姥物金太郎木谷実中西太男の子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪童の関連情報