コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐らく オソラク

デジタル大辞泉の解説

おそらく【恐らく】

[副]《「恐らくは」の略》
確度の高い推量を表す語。きっと。「明日は恐らく雨だろう」
はばかりながら。
「身共は一人ぢゃと思うて、あなどっておぢゃるが、―、いづれも大勢なれども、負くる太郎ではおりないぞ」〈虎寛狂・千切木
多分(たぶん)[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おそらく【恐らく】

( 副 )
〔「恐らくは」の略〕
下に推量の表現を伴って、かなり確実な推量判断を導く。将来の悪い成り行きを予測していうことが多い。多分。きっと。 「明日は-雨だろう」 「 -来ないだろう」
恐れ多いことではあるが。はばかりながら。 「人切る様は大名人、-宗匠ござんなれ/浄瑠璃・反魂香」
恐ろしくなるほどの。 「鼻の高さ-也/仮名草子・難波物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恐らくの関連キーワード靖国神社廃止の議 難きを忍んで敢て提言す(石橋湛山)方キューバ鉱(データノート)思う・想う・念う・憶う・懐う三笠石(データノート)ボルゾライトシモリアン土技術流出問題松浦佐用媛望むらくは疑うらくはコダア岩類緩頬・緩頰楠木正成吉増剛造揣摩憶測富永太郎うたがた栄耀栄華恐らくは仮名草子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恐らくの関連情報