正に(読み)マサニ

デジタル大辞泉「正に」の解説

まさ‐に【正に】

[副]
ある事が確かな事実であるさま。まちがいなく。本当に。「事実は正に予言のとおりだった」
実現・継続の時点を強調するさま。ちょうど。あたかも。「彼は正に車から降りた瞬間、凶弾に倒れた」
漢文訓読から起こった用法》
㋐(「当に」とも書く。「まさに…べし」などの形で)当然あることをしなければならないさま。ぜひとも。「学生たる者正に学問に励むべきだ」
㋑(「将に」とも書く)(「まさに…せんとする」などの形で)ある事が実現しそうだという気持ちを表す語。今にも。「飛行機が正に飛び立とうとしている」
(主に、あとに反語表現を伴って)どうして…しようか。
「あやしかりつるほどのあやまりを、―人の思ひとがめじや」〈・紅葉賀〉
[類語]本当まことにじつしんまったくまさしくげにひとえにせつげんほとほとすっかりつくづくうんざりまったく以てまったくの所なんとも実以て本に真実真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘いかにもげんなりこりごり食傷辟易へきえき閉口まっぴらいい加減果てしない限りないもちろん元より当然もっとも無論当たり前ご無理ご尤も言うまでもない言わずもがな言をたない論をたない然も有りなん無理もない無理からぬ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「正に」の解説

まさし‐に【正に】

〘副〙 間違いなくはっきりしているさまを表わす語。確かに。的確に。
万葉(8C後)二・一〇九「大船津守(つもり)が占にのらむとは益為爾(まさしニ)知りて我が二人寝し」
[補注]挙例の「万葉」にのみ見える語。シク活用の終止形に助詞「に」を伴う例はないところから、語構成上、疑問が提出されている。原文「益為爾」は「益為久」だとする誤字説もあるが、古写本に大きな異動はない。ク活用形容詞「なし」の終止形に助詞「に」を伴った形「奈之爾」〔万葉‐五九二〕などからの類推による、臨時的な語形か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android