コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千切木 チギリキ

2件 の用語解説(千切木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちぎりき【千切木】[狂言]

狂言。連歌の集まりをじゃましてたたき出された太郎が、女房に励まされて一同の家々へ仕返しに行き、相手が居留守を使うととたんにいばる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千切木
ちぎりき

狂言の曲名。女狂言。連歌(れんが)の初心講の席に、今日に限って呼ばれなかった太郎(シテ)が顔を出し、いつもの宗匠(そうしょう)気どりであれこれ注文をつける。太郎の差し出口を苦々しく思っていた連中は、亭主と謀って太郎をさんざんに打ちのめして散会する。太郎の災難を聞いて、太郎の女房が棒を振りかざして登場。女房に促されて、太郎はしぶしぶ連中の家へ敵討(かたきうち)に出かける。どこへ行っても名を呼ばれた本人が「留守」と答えて居留守を使うので、勢いを得た太郎は思うように悪態をついて、女房と手に手をとって意気揚々と引き揚げていく。「諍(いさかい)果てての乳切木(ちぎりき)(乳の高さほどに切った棒の意)」という諺(ことわざ)に想を得て、町衆たちの遊び心と庶民の夫婦像を笑いたっぷりに現出させた人気曲。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千切木の関連キーワード集まり会座じゃまで叩き出す叩き箸仏会連歌師ジャマーパジャマパーティーパジャマルック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千切木の関連情報