コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確か/慥か タシカ

デジタル大辞泉の解説

たしか【確か/×慥か】

[形動][文][ナリ]
危なげなく、しっかりしているさま。「基礎が―だ」「―な足どり」
信頼できるさま。安心できるさま。また、確実であるさま。「腕前は―だ」「―な情報」「明日こそ―に払います」
働き・能力が正常であるさま。「記憶力は―だ」「おい、気は―か」
正確であるさま。「―な数はつかんでいない」
[派生]たしかさ[名]
[副]かなり信頼できると判断・推察するときに用いる語。まず、まちがいなく。「―割引で買えるはずだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

確か/慥かの関連キーワード百聞は一見に如かず不十分理由の原理算術平均の原理ハイフェッツ地歩を固める地歩を占める何処の馬の骨実跡・実蹟最小二乗法紛う方ない存在証明何処何処うろ覚え釘が利くアーメン裏を取る極印付き固めの杯証拠固めてっきり

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android