多分(読み)タブン

デジタル大辞泉の解説

た‐ぶん【多分】

[名・形動]
数量・金額の多いこと。また、そのさま。たくさん。多く。「多分な(の)寄付にあずかる」「ビタミンを多分に含んだ果物」
(多く「多分に」の形で)かなりの程度であるさま。相当。「考えすぎる傾向が多分にある」
あるものの多くの部分のこと。大部分。また、多数。→御多分(ごたぶん)
「心苦しいからと云うは少分で、その―は」〈二葉亭浮雲
[副]ある事柄についての推量を表す。たいてい。おそらく。「多分雨だろう」「多分大丈夫だと思う」
[アクセント]はタブンブン。
[用法]多分・おそらく――「多分(おそらく)今日は帰りが遅くなります」「Aチームが多分(おそらく)優勝するだろう」など、推量の意では相通じて用いられる。◇両語は過去の推量にも用いる。「あれは多分おととしの暮れだったと思う」「彼はおそらくその事実を知っていたであろう」◇「おそらく」は、その原義から、悪いほうの可能性が高いと推量する気持ちが残り、「おそらく後悔するだろう」のような用法が中心となる。◇「多分」の方がややぞんざいで、「おそらく」の方があらたまった丁寧な言い方になる。「多分彼は来ないだろう」「おそらく彼は来ないでしょう」◇類似の語に「きっと」がある。口頭語で、「Aチームがきっと優勝するだろう」のように、「多分」や「おそらく」と同様に用いるが、「きっと」の方が実現の確かさが強い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たぶん【多分】

[0] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
量の多い・こと(さま)。たくさん。 「 -の礼をいただく」 「 -な御寄付をいただき…」
(多く「多分に」の形で)かなり多いさま。 「 -に疑わしい点がある」 → ご多分
大部分。大多数。 「奥州五十四郡の勢共、-はせ付て程なく十万余騎に成にけり/太平記 19
[1] ( 副 )
(多く下に推量の語を伴って)断定はできないが、そうなる、またはそうである可能性が高いと推量するさま。大方。おそらく。 「明日は-晴れるだろう」 「 -行けると思う」
その割合が多いさま。多くは。 「 -人ワカシコダテヲシテ、シソコナウモノヂャ/天草本伊曽保」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐ぶん【多分】

[1] 〘名〙
① (形動) 数の多いこと。量の多いこと。かなりの程度であること。また、そのものやさま。多数。
※大鏡(12C前)六「あにどのは〈略〉公事よりほかのこと他分には申させ給はで」
② ある集団の中の多くの部分。大多数。また、ある物事の中の大部分。
※小右記‐長保元年(999)一〇月二三日「上達部多分得件題云々」
※保元(1220頃か)上「嫡子義朝付いて、多分は内裏へ参りけり」
[2] 〘副〙
① その可能性が強いことを判断していう。おおかた。多くは。十中八九。大抵。
※三道(1423)「かやうの能、他分、二切の能也」
② 不確かな事柄について、こうだろうと推測する場合にいう。おそらく。
※虎明本狂言・柿山伏(室町末‐近世初)「人ならばにくひ事じゃが、多分からすかと思ふ」
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉四「中村さんが多分迎へに来て御出(おいで)でせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多分の関連情報