多分(読み)タブン

デジタル大辞泉「多分」の解説

た‐ぶん【多分】

[名・形動]
数量・金額の多いこと。また、そのさま。たくさん。多く。「多分な(の)寄付にあずかる」「ビタミンを多分に含んだ果物」
(多く「多分に」の形で)かなりの程度であるさま。相当。「考えすぎる傾向が多分にある」
あるものの多くの部分のこと。大部分。また、多数。→御多分ごたぶん
「心苦しいからと云うは少分で、その―は」〈二葉亭浮雲
[副]ある事柄についての推量を表す。たいてい。おそらく。「多分雨だろう」「多分大丈夫だと思う」
[アクセント]はタブンブン。
[用法]多分・おそらく――「多分(おそらく)今日は帰りが遅くなります」「Aチームが多分(おそらく)優勝するだろう」など、推量の意では相通じて用いられる。◇両語は過去の推量にも用いる。「あれは多分おととしの暮れだったと思う」「彼はおそらくその事実を知っていたであろう」◇「おそらく」は、その原義から、悪いほうの可性が高いと推量する気持ちが残り、「おそらく後悔するだろう」のような用法が中心となる。◇「多分」の方がややぞんざいで、「おそらく」の方があらたまった丁寧な言い方になる。「多分彼は来ないだろう」「おそらく彼は来ないでしょう」◇類似の語に「きっと」がある。口頭語で、「Aチームがきっと優勝するだろう」のように、「多分」や「おそらく」と同様に用いるが、「きっと」の方が実現の確かさが強い。
[類語]おそらくどうやら大抵まず大方おおかた十中八九けだしたしか文字通りまさにまさしく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「多分」の解説

た‐ぶん【多分】

[1] 〘名〙
① (形動) 数の多いこと。量の多いこと。かなりの程度であること。また、そのものやさま。多数。
※大鏡(12C前)六「あにどのは〈〉公事よりほかのこと他分には申させはで」
② ある集団の中の多くの部分。大多数。また、ある物事の中の大部分。
※小右記‐長保元年(999)一〇月二三日「上達部多分得件題云々」
※保元(1220頃か)上「嫡子義朝付いて、多分は内裏へ参りけり」
[2] 〘
① その可能性が強いことを判断していう。おおかた。多くは。十中八九。大抵。
※三道(1423)「かやうの能、他分、二切の能也」
② 不確かな事柄について、こうだろうと推測する場合にいう。おそらく。
※虎明本狂言・柿山伏(室町末‐近世初)「人ならばにくひ事じゃが、多分からすかと思ふ」
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉四「中村さんが多分へに来て御出(おいで)でせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android