コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多分 タブン

2件 の用語解説(多分の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

た‐ぶん【多分】

[名・形動]
数量・金額の多いこと。また、そのさま。たくさん。多く。「多分な(の)寄付にあずかる」「ビタミンを多分に含んだ果物」
(多く「多分に」の形で)かなりの程度であるさま。相当。「考えすぎる傾向が多分にある」
あるものの多くの部分のこと。大部分。また、多数。→御多分(ごたぶん)
「心苦しいからと云うは少分で、その―は」〈二葉亭浮雲
[副]ある事柄についての推量を表す。たいてい。おそらく。「多分雨だろう」「多分大丈夫だと思う」
[アクセント]はタブンブン。
[用法]多分・おそらく――「多分(おそらく)今日は帰りが遅くなります」「Aチームが多分(おそらく)優勝するだろう」など、推量の意では相通じて用いられる。◇両語は過去の推量にも用いる。「あれは多分おととしの暮れだったと思う」「彼はおそらくその事実を知っていたであろう」◇「おそらく」は、その原義から、悪いほうの可能性が高いと推量する気持ちが残り、「おそらく後悔するだろう」のような用法が中心となる。◇「多分」の方がややぞんざいで、「おそらく」の方があらたまった丁寧な言い方になる。「多分彼は来ないだろう」「おそらく彼は来ないでしょう」◇類似の語に「きっと」がある。口頭語で、「Aチームがきっと優勝するだろう」のように、「多分」や「おそらく」と同様に用いるが、「きっと」の方が実現の確かさが強い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たぶん【多分】

[0] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
量の多い・こと(さま)。たくさん。 「 -の礼をいただく」 「 -な御寄付をいただき…」
(多く「多分に」の形で)かなり多いさま。 「 -に疑わしい点がある」 → ご多分
大部分。大多数。 「奥州五十四郡の勢共、-はせ付て程なく十万余騎に成にけり/太平記 19
[1] ( 副 )
(多く下に推量の語を伴って)断定はできないが、そうなる、またはそうである可能性が高いと推量するさま。大方。おそらく。 「明日は-晴れるだろう」 「 -行けると思う」
その割合が多いさま。多くは。 「 -人ワカシコダテヲシテ、シソコナウモノヂャ/天草本伊曽保」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多分の関連キーワードハイ過剰御喋り巨額湿潤大量沢山多血多難多量

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多分の関連情報