コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大方 おおがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大方
おおがた

高知県南西部,黒潮町南西部の旧町域。土佐湾に面する。 1943年町制施行。 1956年白田川村と合体。 2006年佐賀町と合体して黒潮町となる。大部分が山地。蛎瀬川と吹上川に挟まれた平野部で施設園芸が行なわれる。特に海岸部でつくられるラッキョウは味のよさで知られ,県内有数の生産高を誇る。上川口港,田野浦港は大敷網漁業を行なう漁港。南部の海岸沿いにある入野松原 (国の名勝) は入野県立自然公園に指定され,キャンプ場がある。ほかに有井庄司の墓,田ノ口古墳が知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐かた〔おほ‐〕【大方】

[名]
物事や事柄の大体。大部分。あらかた。「大方は理解できた」「給料の大方が食費に消える」
普通の物事。世間一般。世間一般の人。「大方のご希望に添いたい」
[副]
だいたい。大部分。あらかた。「仕事は大方かたづいた」
恐らく。たぶん。「大方寝坊でもしたのだろう」
(多く、話を切り出すときに用いて)大づかみに言えば。だいたい。およそ。そもそも。
「―、この京のはじめを聞ける事は」〈方丈記
(否定の語を伴って)いっこう。全然。
「人を遣りて見するに―逢へるものなし」〈徒然・五〇〉
[形動ナリ]普通であるさま。一般的なさま。ひととおり。
「世にある人の有様を、―なるやうにて聞き集め、耳とどめ給ふ」〈末摘花

たい‐ほう〔‐ハウ〕【大方】

度量の大きいこと。また、その人。
学問や見識の広いこと。また、その人。
ほとんど。大部分。おおかた。副詞的にも用いる。
「―の花主(おとくい)」〈魯文西洋道中膝栗毛
立派な道。仏の道。
「久しく―に迷ふ」〈霊異記・上・序〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおかた【大方】

( 名 )
大部分。大半。 「 -の人は賛成している」
世間一般。 「 -の予想どおり」
( 副 )
全体の大部分に及ぶさま。だいたい。あらかた。 「骨組みは-できた」
確かではないが、そうとらえてまず間違いないさま。恐らく。多分。 「 -そんなことだろうと思っていた」 「 -着いたころだ」
(打ち消しの語を伴って)全然。少しも。 「 -廻らざりければ、とかく直しけれども/徒然 51
( 形動ナリ )
世間一般によくあるさま。普通。 「ただ、-にて、宮にまゐらせ給ふ/源氏 賢木

たいほう【大方】

見識の高い人。
おおかた。あらまし。 「 -の花主おとくい右の表題を暗記そらんじ給ひて/西洋道中膝栗毛 魯文
大道。仏の道。 「久しく-に迷ふ/霊異記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大方
おおがた

高知県西部、幡多(はた)郡にあった旧町名(大方町(ちょう))。現在は黒潮町の南西部を占める地域。土佐湾に面する。旧大方町は、1943年(昭和18)町制施行。1956年白田川村を合併。2006年(平成18)佐賀町と合併して、黒潮町となる。土佐くろしお鉄道中村線、国道56号が通じる。『和名抄(わみょうしょう)』の大方郷、中世の一条氏の大方荘(しょう)。式内社加茂神社などの所在地で、尊良(たかなが)親王関係の史跡もある。海岸には戦国時代以来の潮害防備の保安林である国指定名勝入野(いりの)松原が3キロメートルほど続いている。稲作を中心に、キュウリを主とする蔬菜(そさい)や花卉(かき)の施設園芸、砂地利用の玉ラッキョウ栽培が盛んで、シラス漁など沿岸漁業もみられる。入野地区の土佐西南大規模公園内には国土庁(現、国土交通省)のモデル定住圏構想によるふるさと総合センターがある。[大脇保彦]
『『大方町史』(1963・大方町) ▽『大方町史 改訂版』(1994・大方町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大方の関連キーワード高知県幡多郡黒潮町入野土佐西南大規模公園高知県幡多郡黒潮町中積もり・中積り反する・叛する鼻の先知恵売り代なす此れぞ此の此れぞこの黒潮[町]黒潮(町)上杉清子曾谷慶祐揚げ詰め華厳経疏聞き集む服部星渓当座払ひ仕置き話走り夫婦

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大方の関連情報