コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐る/怖る/畏る/懼る オソル

デジタル大辞泉の解説

おそ・る【恐る/怖る/畏る/×懼る】

[動ラ上二]恐れる」に同じ。
「善根には微少なる広説せば、ないし後世の苦果を見ず―・りじ」〈東大寺本地蔵十輪経元慶七年点〉
[動ラ四]恐れる」に同じ。
「若(も)し疾疫の鬼魅(きみ)身に著くこと―・らば」〈不空羂索神呪心経寛徳二年点〉
[動ラ下二]おそれる」の文語形
[補説]古語では、「かつは人の耳におそり、かつは歌の心に恥ぢ思へど」〈古今仮名序〉のように、上二段・四段のいずれかはっきりしない例が多いが、上二段活用のほうが多く現れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

恐る/怖る/畏る/懼るの関連キーワードメルビル(Jeanデュポン(Patrick Dupond)ミヒャエル・コールハース人衆ければ則ち狼を食らうグスタフ ウィード阿片常用者の告白オイディプス王オオヒキガエルメトロポリスべかりけり一念五百生宮本 幹也ジャングルハバクク書譖づ・讒づ収容所群島1984年恐るらくはボタンタケウィード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android