善根(読み)ぜんごん

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐こん【善根】

《「ぜんごん」とも》仏語。よい報いを招くもとになる行為。また、さまざまの善を生じるもとになるもの。「善根を積む」「善根福種(ふくしゅ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんこん【善根】

〔「ぜんごん」とも〕
〘仏〙
よい報いを受ける原因となるおこない。
諸善を生み出す根本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐こん【善根】

〘名〙 (古くは「ぜんごん」とも) 仏語。諸善を生み出す根本となるもの。無貪(むとん)・無瞋(むしん)・無痴(むち)をいい、これを三善根という。また、善い果報を招くであろう善の業因(ごういん)をいう。
※観智院本三宝絵(984)下「しかれどもなほ功徳の庭に来ぬればおのづから善根をうゑつ」
※沈める滝(1955)〈三島由紀夫〉五「善根を施したやうな気持になった」 〔勝鬘経‐真実義功徳章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善根の関連情報