恐れる(読み)オソレル

デジタル大辞泉「恐れる」の解説

おそ・れる【恐れる/怖れる/畏れる/×懼れる】

[動ラ下一][文]おそ・る[ラ下二]
危険を感じて不安になる。恐怖心を抱く。「報復を―・れる」「死を―・れる」「社会から―・れられている病気」
よくないことが起こるのではないかと心配する。危ぶむ。「失敗を―・れるな」「トキ絶滅を―・れる」
(畏れる)近づきがたいものとしてかしこまり敬う。畏敬いけいする。「神をも―・れぬしわざ」
《近世江戸語》「恐れ入る3㋑」に同じ。
栄螺さざえの壺へ赤辛螺あかにしを入れて出すから―・れらあ」〈洒・四十八手〉
[類語](1こわがるおくするおびえるびくつくびくびくするおどおどするおじるおじける恐怖する恐れをなす悪びれるはらはらひやひやどきどきあぶなあぶな恐る恐るこわごわおっかなびっくりおじおじおずおずおののく気が気でない足が地につかない気が揉める居ても立ってもいられない矢も楯もたまらない居たたまれない生きた心地もしない案ずる/(2危惧きぐする危懼きくする懸念する憂える気づかう考え事思案物思い考え心配気疲れ気苦労心痛心労恐れ憂慮取り越し苦労杞憂悲観不安疑懼ぎく胸騒ぎ気がかり心がかり不安心心細い心許こころもとない憂い気遣いわずら怖い危なっかしい気になる気に病む煩慮憂惧ゆうぐ憂懼ゆうくおぼつかない/(3はばか畏怖いふする畏まる謹むしゃちほこばる固くなる・身も縮む・縮こまる小さくなる真面目腐る恐恐恐懼きょうく恐縮有り難いかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分身の縮む思い畏怖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android