コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐れる/怖れる/畏れる/懼れる オソレル

デジタル大辞泉の解説

おそ・れる【恐れる/怖れる/畏れる/×懼れる】

[動ラ下一][文]おそ・る[ラ下二]
危険を感じて不安になる。恐怖心を抱く。「報復を―・れる」「死を―・れる」「社会から―・れられている病気」
よくないことが起こるのではないかと心配する。危ぶむ。「失敗を―・れるな」「トキの絶滅を―・れる」
(畏れる)近づきがたいものとしてかしこまり敬う。畏敬(いけい)する。「神をも―・れぬしわざ」
《近世江戸語》「恐れ入る3㋑」に同じ。
「栄螺(さざえ)の壺へ赤辛螺(あかにし)を入れて出すから―・れらあ」〈洒・四十八手〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

恐れる/怖れる/畏れる/懼れるの関連キーワード恐れる・畏れる・怖れる・懼れる・惧れる足を重ねて立ち目を側てて視る千万人と雖も吾往かん法論味噌売りの夕立鼬の無き間の貂誇り憂惧・憂虞・憂懼薄の穂にも怯じる俄雨と女の腕捲りネクロフォビア身の毛を詰めるベルリン会議怖じ恐れる魂を冷やす憂懼・憂惧震慴・震懾赤面恐怖症人目を憚るおじおじ跼天蹐地ぎくっと

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android