コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐竜擾乱(じょうらん) きょうりゅうじょうらん dinoturbation

1件 の用語解説(恐竜擾乱(じょうらん)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

恐竜擾乱(じょうらん)

もし恐竜の大群が歩き回った場合には、特に大型恐竜は堆積(たいせき)物を掘り起こしたり、踏みつけたりして、恐竜という生物による堆積物の擾乱を引き起こす。竜脚類が群れで行動すると、足跡の印された地層面の下約1mにも及ぶ地層に明らかな痕跡を残す。このような恐竜による踏みつけや掘り起こしの行動を恐竜擾乱と称し、恐竜の大群の通過した証拠とされる。時には数kmにわたる場合がある。ジュラ紀後期から白亜紀後期にわたり増加する。韓国南海岸や米国コロラド州エルドラドスプリングスに著例。

(小畠郁生 国立科学博物館名誉館員 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恐竜擾乱(じょうらん)の関連キーワードモスキートノイズブロントサウルス恐竜のスピード歩き回るうそうそ漫ろ歩き大群ほっつき回る遊観祝き回す

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone