コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒藤規隆 つねとう のりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒藤規隆 つねとう-のりたか

1857-1938 明治-昭和時代前期の土壌学者。
安政4年1月生まれ。農商務省でフェスカについて土性調査をおこなう。明治32年日本最初の農学博士。34年肥料鉱物調査所初代所長。退官後,ラサ燐鉱をおこし社長。土性図作成を指導し,「日本土壌論」にまとめた。昭和13年12月6日死去。82歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。駒場農学校(現東大農学部)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恒藤規隆の関連キーワードマキノ雅広久松静児インドの大反乱ケクレ珪藻土歴史小説バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android