恩荷(読み)おが

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「恩荷」の解説

恩荷 おが

?-? 飛鳥(あすか)時代の蝦夷(えみし)の首長。
日本書紀」によれば,斉明天皇4年(658)蝦夷征討に遠征した阿倍比羅夫(ひらふ)により,齶田(あぎた)(秋田),渟代(ぬしろ)(能代)の蝦夷が降伏させられたとき,朝廷につかえることをちかい,小乙上のをあたえられ,渟代,津軽2郡の郡領にさだめられたという。「おんが」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android