コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡領 グンリョウ

大辞林 第三版の解説

ぐんりょう【郡領】

郡司の中の大領・少領の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の郡領の言及

【郡司】より

…広義には長官・次官の大領(たいりよう)・少領(しようりよう)と書記にあたる主政(しゆせい)・主帳(しゆちよう)の四等官(正員)を意味する。狭義には大領・少領のみをいい,この場合は郡領(こおりのみやつこ)といった。郡司制度は,孝徳朝に出現し持統朝には全国的に整備されたと思われる評(こおり)の制度を継承した郡制と同様,評督(長官),助督(次官)あるいは評造と呼ばれた評の官制を基礎に,701年(大宝1)の大宝令によって成立した。…

※「郡領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

郡領の関連キーワード阿倍比羅夫函館八幡宮青森(県)緒方惟義留守政景道嶋嶋足一職支配采女司緒方氏佐伯氏値嘉島渟足柵総称郡内郡司恩荷国造勧農津軽郡家

郡領の関連情報