コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恭倹 キョウケン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐けん【恭倹】

[名・形動]人に対してはうやうやしく、自分自身は慎み深く振る舞うこと。また、そのさま。「恭倹己れを持す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうけん【恭倹】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
人に対して慎み深く、控え目に振る舞う・こと(さま)。 「 -己を持す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恭倹の関連キーワード硏・乾・件・倦・倹・健・儉・兼・券・剣・劍・喧・圈・圏・堅・嫌・嶮・巻・建・憲・懸・拳・捲・検・権・檢・權・牽・犬・狷・献・獻・県・眷・瞼・研・硯・絢・絹・縣・繭・肩・虔・見・謙・譴・賢・軒・遣・鍵・間・険・險・顕・顯・験・驗大島有隣修身

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恭倹の関連情報