コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子貢 しこうZi-gong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子貢
しこう
Zi-gong

[生]前520
[没]前456?
中国,春秋時代の学者。孔子弟子十哲の一人。姓は端木。名は賜。子貢は字である。の人。弁舌にすぐれ,商才にもたけていた。,晋,呉,越の諸侯間に活躍した外交政治家でもあった。魯を去ってのちは衛や斉に仕えたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しこう【子貢】

[前520ころ~?]中国、春秋時代の人。孔門十哲の一人。河南省)の人。姓は端木、名は賜。弁舌に巧みで、諸国を巡遊して政策を授け、魯(ろ)と衛の宰相となった。貨殖の才でも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しこう【子貢 Zǐ gòng】

前520‐前456ころ
中国,春秋時代の人。孔子の門人。衛の人。姓は端木,名は賜。子貢は字である。弁舌に巧みで,すこぶる利殖にたけていた。魯に仕えたとき,斉,呉,越,晋などに遊説して,外交的手腕を発揮。孔子の死には6年間も喪に服し,のち衛に仕え,斉で死んだ。四頭立ての馬車におさまった子貢の威容に接し,諸侯や士大夫はその師の名を聞き,まだ見ぬ孔子に敬意を抱いたという。子貢を孔子の経済的支援者とみる説もある。【日原 利国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しこう【子貢】

孔門十哲の一人。姓は端木、名は賜、子貢は字あざな。弁舌・政治力にすぐれ、斉が魯を攻撃しようとしたとき、諸国を遊説し、これを救った。また貨殖の才もあった。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子貢
しこう
(前521―?)

中国、春秋時代の人。孔子の弟子。姓は端木(たんぼく)、名は賜(し)。子貢は字(あざな)、また子(しこう)とも書く。衛(えい)の人。四科十哲の言語にあげられる。孔門第一の利口巧辞の才があり、この才能は外交にきわめて有用で、斉(せい)・呉(ご)に使して魯(ろ)の危機を救った。叔孫武叔(しゅくそんぶしゅく)は子貢が孔子より賢であると述べたといい、時の政治家から重宝がられた。孔子の葬儀をとり仕切り、心喪3年ののち、さらに3年、喪に服したという。のち魯・衛の宰相になったという伝誦(でんしょう)がある。また貨殖(蓄財)の才があり、家千金を積み、孔門中もっとも富裕であった。後年は斉に行って死んだ。斉の儒学が盛んになったのは子貢もあずかって力あったと思われる。[宇野茂彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の子貢の言及

【四科十哲】より

…孔子の弟子は3000人もあり,そのうち六芸に精通した者が72人あったと伝えられるが,さらに最も傑出した人物については《論語》の先進篇に4科目に分けて,〈徳行には顔回(淵),閔子騫(びんしけん),冉伯牛(ぜんはくぎゆう),仲弓。言語(外交交渉の弁舌)には宰我,子貢。政事には冉有,季路。…

※「子貢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子貢の関連キーワード春秋戦国時代字(あざな)告朔の餼羊四科十哲少正卯越絶書中臣部法師君政治力貢茶九哲原憲宰予

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android