コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恭畏 きょうい

1件 の用語解説(恭畏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恭畏 きょうい

1565-1630 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)8年生まれ。京都の人。仁和(にんな)寺の亮淳に真言をまなび,灌頂(かんじょう)をうける。奈良で三論,華厳(けごん),法相(ほっそう)などもおさめた。慶長元年京都法輪寺の住職となり,堂塔を修復。文之玄昌(ぶんし-げんしょう)と論争し,「邪正義」をあらわした。寛永7年6月12日死去。66歳。著作はほかに「密宗血脈鈔(けちみゃくしょう)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恭畏の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝日奥日奥李之藻日奥日奥藤堂高虎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone