コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文之玄昌 ぶんし げんしょう

2件 の用語解説(文之玄昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文之玄昌 ぶんし-げんしょう

1555-1620 織豊-江戸時代前期の僧。
弘治(こうじ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。煕春竜喜(きしゅん-りゅうき)の法をつぐ。島津氏につかえ,外交文書を作成。また「四書集註(しつちゅう)」などに訓点(文之点)をほどこした。元和(げんな)6年9月30日死去。66歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。俗姓は湯佐(一説に和仁)。号は南浦(なんぽ),懶雲。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ぶんしげんしょう【文之玄昌】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文之玄昌の言及

【漢詩文】より

… 室町時代に入っても惟肖得巌(いしようとくがん),天章澄彧(てんしようちよういく)などは漢風の作品を生まんと努めたし,和様が加わっても,骨格が漢文本来の文脈をくずさなかった作者に,瑞渓周鳳(ずいけいしゆうほう),横川景三(おうせんけいざん)があった。室町時代後半には五山僧の文学創作欲は衰え,代わって中国儒典の研究熱をたかめ,この方面の学者,たとえば桂庵玄樹(けいあんげんじゆ),文之玄昌(ぶんしげんしよう)(南浦)などが,かたわら詩文を製した。このような流れにつづいて,江戸時代の儒学は多く五山より発生したので,江戸時代儒者の作る漢詩文は,その初期の人たる藤原惺窩(相国寺の禅僧文華宗蕣),林羅山(建仁寺に学んだ)などの作品にみられるように,五山文学そのままの趣があった。…

【鉄炮記】より

…1543年(天文12)日本への鉄砲伝来の来歴を伝える基本文献。1606年(慶長11)薩摩の学僧文之玄昌が種子島久時の求めに応じ,種子島家譜その他の資料により久時の祖父時尭(ときたか)の功績をたたえるため編纂した。文之の詩文集《南浦文集》に収載。…

※「文之玄昌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文之玄昌の関連キーワード織田信益狩野宗心順専正玄正山雪林等木寿命(2)春田卓次古田斎宮(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone